ナチュラルに盛りたい!着色直径は?

裸眼より少し大きいサイズ

近年は、目力をつけるためにカラコンを着けるのは常識となりつつあり、メイクと同じ感覚で装着している人も多いようです。そんな中、カラコンに挑戦してみたいという人もいるでしょう。しかし、カラコンには色々なタイプがあり、初心者はどれを選んでよいかわかりませんよね。盛りすぎてもエイリアンのようになってしまうし、小さすぎると装着している意味がほとんどないため、ナチュラルに盛れる大きさのカラコンを選ぶのが賢明です。
ナチュラルに盛れるカラコンの着色直径は13.5ミリから14ミリで、裸眼より少しだけ大きい瞳になります。これ以上の大きさになると、カラコンをしているのが一目でわかってしまうため、職場や学校で装着するのは難しくなるでしょう。

フチなしや網掛け模様は自然に見える

ナチュラルに盛るためにはカラコンの着色直径だけでなく、フチの部分にもこだわる必要があります。フチありはカラコンをクッキリと際立たせ、フチなしかぼかしフチは瞳にブレンドするので違和感がありません。ナチュラルな印象にするには、フチなしかぼかしフチの物を選びましょう。着色部分に網掛けやグラデーションなどがついているものは、更にナチュラルな印象になります。カラーも突飛な色を選ぶのではなく、チョコレートやダークブラウン、アーモンドなどを選ぶと自然な見た目になるでしょう。
たった1ミリや2ミリの違いでも、目の印象は大きく違って見えます。人に気付かれない程度に盛りたいのなら、欲張らずに控えめな大きさ、カラーのカラコンを選ぶと失敗がありません。